ソフトウェア利用規約

Ve Japanソフトウェア利用規約
(販売代理店クライアント様向け)

このVe Japanソフトウェア利用規約(販売代理店クライアント様向け)は、Ve Japanの代理店を通じてVe Platformの利用申込みをされたクライアント様に適用される合意事項を定めたものです。クライアント様は、本サービスの申込みの事前に、必ず本規約を確認し、同意するものとします。

1. 定義
2. 契約の承諾
3. 本サービスの提供
4. クライアントへのVeのライセンス
5. クライアントの義務
6. 本料金および支払
7. 保証
8. 知的財産に関する損害賠償
9. データ保護
10. 秘密保持
11. 責任の限度
12. 契約期間および解除
13. 通知
14. 準拠法、裁判管轄
15. 雑則
定義
サービス内容
VeAdsサービスに関する追加条項

1. 定義

本規約においては、後記<定義>に記載される定義および解釈が適用されます。

2. 契約の承諾

2.1 クライアントは、本規約を確認し同意をした上で代理店に対して本サービスの申込みを行うことにより、本規約およびプライバシーポリシーを承諾するものとします。

3. 本サービスの提供

3.1 Veは、本規約の規定を条件に、契約期間中、本サービスをクライアントに提供します。
3.2 Veの本サービスが、クライアントまたはクライアントの代理人、下請クライアント、コンサルタントまたは従業員の作為、不作為により履行できなかった場合または遅延した場合、Veは、当該不履行または遅延を直接または間接の原因としてクライアントが蒙った、またはクライアントに生じた費用、料金または損失については一切責任を負いません。
3.3 クライアントは、Veに対してまたは代理店を通じて、追加のVeサービスを要請することができます。Veサービスの価格は後記<サービス内容>Veサービス料金表 [ 追加・特注サービス]のとおりです。

4. クライアントへのVeのライセンス

4.1 クライアントによる本料金の支払いを対価として、Veはクライアントに、契約期間中、本サービスを受けるまたは利用する目的のみにおいて、本区域内で許諾資料を使用する非独占的、譲渡不能のライセンスを付与します。
4.2 両当事者間の契約により排除することができない法令により許されている場合、または本規約により明示的に許されている場合を除き、クライアントは以下の行為を行わないものとします。
(a) 許諾資料の全部または一部を、何らかの形または媒体または方法によって、コピー、修正、複製、派生物の作成、組み込み、ミラーリング、再出版、ダウンロード、表示、送信または配布しようとすること
(b) 許諾資料の全部または一部を、逆コンパイル、逆アセンブル、リバースエンジニアリングその他人間が認知できる形式に分解しようとすること
(c) 許諾資料の全部または一部を、許諾資料と競合する製品またはサービスを作り出す目的で入手すること
(d) 許諾資料をソースコード形式またはコメント付きのアンロックコードで入手すること
(e) 技術的保護措置(TPM)を何らかの方法で排除または回避しようとすること、または、TPMの不正排除または回避を容易にすることのみを目的として何らかの手段を、採用しまたは販売・賃貸のために製造し、輸入し、配布し、販売又は賃貸し、販売または賃貸の申出または紹介をし、販売または賃貸のために宣伝し、または私用または商業用目的で保有すること
(f) 許諾資料を、第三者にサービスを提供するために使用し、その他許諾資料をライセンス付与し、販売し、貸与し、リースし、移転し、譲渡し、配布し、表示し、開示し、その他商業目的で不当利用または第三者が入手できるようにすること
4.3 クライアントは、許諾資料の不正アクセスまたは不正利用を防止するため、あらゆる合理的努力を行ない、当該不正アクセスまたは利用が発生した場合はVeに速やかに通知します。

5. クライアントの義務

5.1 クライアントはVeまたは代理店にクライアント関連物を提供します。クライアントは、クライアント関連物その他クライアントがVeに提供する物がすべての点で正確である状態を保証するものとします。
5.2 クライアントは、以下の事項を遵守するものとします。
(a) 本サービスおよびVePlatformに関連するあらゆる事項につきVeに協力すること
(b) Veがクライアントに対して本サービスを提供する上で必要とするすべての情報にVeがアクセスできるようにすること
(c) Veに提供するデータがすべて正確かつ最新のものである状態を確保すること
(d) Veから通知を受領した場合、6ヶ月以内に許諾資料を構成するアプリの最新版でないバージョンまたはリリースを最新版に更新すること
5.3 クライアントが本規約に違反した場合、Veはその単独の裁量で、クライアントのVePlatformの利用および/または本サービスの提供を、当該違反が治癒されるまで停止することができるものとします。
5.4 クライアントは関連法令のすべてを完全に遵守するものとします。
5.5 クライアントは、Veがクライアントウェブサイトへのアクセス数を保証するものではないこと、および、アクセス数を増やすのはクライアントの単独の責任であることについて了承するものとします。

6. 本料金および支払

6.1 クライアントは、本サービスの対価として、VePlatform 利用申込書兼同意書に規定する額の本料金を代理店に対して支払うものとします。
6.2 クライアントは、Veサービスの対価として、Veの定める料金表に記載される料金を代理店に支払うものとします。
6.3 前2項の支払期日および支払方法の詳細は別途代理店が定めるものとします。
6.4 クライアントが本料金を支払期日までに支払わなかった場合は、Veが有するその他の権利や救済に何ら影響を与えることなく、Veは、支払い完了に至るまでの間、一切の本サービスの提供ならびにクライアントによるVePlatformおよびアプリの一切の利用を停止することができるものとします。
6.5 Veは、当初契約期間満了後いつでも本料金およびVeサービスの対価を見直す権利を留保するものとします。料金が引き上げられる場合は、引き上げが有効となる日の30日前までに、直接または代理店を通じてクライアントに通知します。クライアントが料金の引き上げを受け入れない場合は、クライアントは本規約を解除することができます。

7. 保証

7.1 各当事者は、相手方当事者に対し、以下の全ての事項を約束し保証します。
(a) 本規約を締結する完全な権限を有し、契約期間中、本規約に基づく債務の履行に関し必要なあらゆる許可を確保し、維持すること
(b) 本規約の目的で、本規約に基づく債務を履行するため、また、本規約に基づきライセンスを付与するために必要な知的財産権のすべてを所有し、またはこれを使用するライセンスを受けていること
(c) 本規約に基づく債務を、法令を遵守し、かつ、合理的な技量と注意をもって履行すること
(d) 相手方当事者が法令違反を犯す結果となるようなことを行なわないこと
(e) 別段の規定のない限り、相手方当事者の知的財産権を相手方当事者の事前の書面による同意なしに使用しないこと
(f) 相手方当事者に関し、虚偽の、誤解を招く恐れのある、あるいは中傷的な表明または発言をしないこと
7.2 クライアントが、第三者代理人にクライアントを代理して行動するよう委任状をもって委任した場合、クライアントは、当該第三者代理人がクライアントに本規約の義務を負わせる完全な権限を有することをVeに保証するものとします。クライアントは、当該第三者代理人が行う行為、表明、合意すべてに対しても責任を負うものとします。
7.3 クライアントは、許諾資料がVe独自に開発されたものであり、各クライアントに合わせて開発がなされていないこと、およびアプリがクライアントの要件を満たすようにするのはクライアントの責任であることについて、予め認めるものとします。
7.4 クライアントは、オープンソースソフトウェアが許諾資料の一部を構成する場合があることを認めます。オープンソースソフトウェアのライセンスは、本規約の規定によりクライアントに許諾されているものではなく、クライアントは、オープンソースソフトウェアに関する規約を遵守しなければならなりません。そのリストは、書面による要請によりVeより入手することができます。
7.5 Veは、アプリが適切に使用された場合は、Veのウェブサイト(http://www.veinteractive.com/jp/platform/)に規定する仕様に基づき実質的に機能することを保証します。この保証は、クライアントが本規約またはVeの指示に従わずにアプリを使用した場合、またはVeのJavaScriptおよびアプリを不適切にインストールした場合には適用されません。アプリが仕様に基づき実質的に機能せず、クライアントが書面でこれを直接または代理店を通じVeに通知した場合、Veは、Veの費用負担で、当該不機能を是正するため、商業上合理的な努力を行なうか、あるいは、望ましい機能を発揮するための代替措置を提供するものとします。当該是正または代替措置は、クライアントの唯一かつ排他的な救済手段です。前記にかかわらず、Veはクライアントの許諾資料もしくは本サービスの利用に中断が生じないこと、または、エラーが生じないことについて、何ら保証を行うものではなく、インターネット等の通信ネットワークや通信施設を通じてのデータの送信遅延や送信不良、またはこれより生じる損失や損害については一切責任を負わないものとします。クライアントは、許諾資料が、当該通信施設の利用に内在する限界、遅延その他の問題に影響を受けることがあることを、予め認めるものとします。

8. 知的財産に関する損害賠償

8.1 クライアントは、Veが契約期間中本サービスを提供することができるよう、Veに対して、クライアント関連物を使用する非独占的ライセンスを付与します。Veは、本サービスの提供を促進するために、Veがクライアントのために作成したウェブサイトまたはメールキャンペーン上のVeが作成したコンテンツを使用し、移送し、修正し、維持する権利を留保します。
8.2 クライアントは、本規約に基づき許されているクライアント関連物(クライアントの要請に応じクライアントウェブサイト上またはメールキャンペーン中にVeが掲載する画像を含みます。)のVeによる使用に基づく、またはこれに関連する、第三者からVeに対する請求、行為、訴訟、法手続に関して生じた請求、経費、損害、損失、責任および費用(合理的な法律上の費用を含みますがこれに限られものではありません。)について、Veに補償し、Veを防御し、Veを免責できるように行動するものとします。
8.3 クライアントは、許諾資料の知的財産権の所有権がすべてVeおよび/またはそのライセンサーに継続して帰属することを認め、これに合意するものとします。本規約に規定する限定的ライセンスについての規定の適用を受けることを条件に、本規約のいかなる規定によっても、クライアントの知的財産権がVeに移転または譲渡されるものではなく、また、本規約のいかなる規定によってもVeの知的財産権がクライアントに移転または譲渡されるものではありません。
8.4 Veは、第三者請求がなされた場合は、これに対し自らの費用負担で、クライアントを免責し、補償し、あるいはVeの選択において、防御または解決し、また、第11.6条の範囲内において、当該第三者請求の結果またはそれに関連しクライアントに生じた、または裁定によりクライアントに対し支払いが命じられた、合理的損失、損害、経費(法律上の費用を含みます。)および費用を負担することを約束します。なお、以下の場合には、本規定は適用されません。
(a) 当該第三者請求が、本規約の規定に基づかない方法でのクライアントによる許諾資料の保有、使用、開発、修正または維持(またはその一部。VeのJavascriptの誤ったインストールを含みます。)に起因する場合
(b) 当該第三者請求が、クライアントにおいて許諾資料をVeが支給しもしくは指定するハードウェアもしくはソフトウェア以外のものと組合せて使用したことに起因する場合、または、当該組合せによる使用を行わなければ当該侵害を避けることができた場合
8.5 第8.4条は、以下の全てが満たされることを条件として適用されます。
(a) クライアントが、合理的に可能な限り速やかに、Veに対して、第三者請求の内容を、合理的な詳細とともに記載した書面によって通知すること
(b) クライアントが、Veの事前の書面による同意なしに(当該同意には不合理な条件が付されてはならず、また、これが不合理に留保または遅延されてはならないものとします。)、第三者請求に関する責任を認め、または合意や和解を行なわないこと
(c) クライアントにおいて、Veおよびその専門家アドバイザーが、第三者請求を評価する目的で、合理的な時間に(合理的な事前の通知を行い)クライアントの事務所、役員、取締役、従業員、代理人、代表者またはアドバイザー、および関連書類を調査し、コピーを取ることができる状態を確保すること
(d) クライアントにおいて、第三者請求を避け、これにつき争い、和解し、またはこれより防御を行うためにVeが合理的に求める行為を行うこと
8.6 クライアントに対し第三者請求がなされた場合、またはVeがその合理的な判断で第三者請求がなされる可能性があるとみなす場合、Veはその単独の裁量および費用負担で、以下のいずれかを行うことができるものとします。
(a) クライアントのために、本規約の規定に基づき許諾資料を継続して使用する権利を取得すること
(b) 侵害を無くすよう許諾資料を変更すること
(c) 許諾資料を侵害のないものと交換すること
(d) クライアントに通知を与え、本規約を直ちに解除すること
8.7 第三者請求に関しては、本条にて明示されていることのみ、Veの唯一の責任となります。

9. データ保護

9.1 本サービスをクライアントに提供するにあたり、Veは、日本の個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)および特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(平成14年法律第26号)の規定を遵守するものとし、また、クライアントは、当該規定を確実に遵守するような適切な方法で本サービスを利用するものとします。クライアントが本サービスを利用するために、Veは、オプトアウトの要請を処理し得るオプトアウト方式を提供するものとします。
9.2 Veは、個人データの不正処理または違法処理、またはその事故的喪失、破損または損傷に対する適切な技術的かつ組織的措置を講じるものとします。
9.3 クライアントによる許諾資料の使用を通じて取得した個人情報をVeがデータ処理業者として利用および処理できる範囲は、クライアントの指示に依拠しているものであり、クライアントはこのことを認めるものとします。クライアントが、データ処理に関する適用ある法令に違反するとの通知を受領した場合、クライアントはこれをVeに連絡し、いかなる法律にも違反しないことを確保するため、Veに与えたデータプロセスに関する指示を変更するものとします。Veは、Veによる何らかの作為または不作為がクライアントの指示に直接起因してなされた場合は、当該作為または不作為より生じる、当該データに係る本人からの請求については一切責任を負わないものとします。
9.4 Veは、本規約に違反してVeが個人データを処理した結果クライアントに生じた責任、損失、要求、損害、経費、請求および費用(合理的な法律上の費用を含みます。)につき、クライアントを補償し、あるいは、Veが選択する場合は、これにつき防御または和解を行なうものとします。ただし、第11.5条の責任の上限が適用されるものとします。また、この場合、Veは、第三者よりなされる関連する法手続、請求または要求に対し、防御、交渉または和解する権利を有するものとし、クライアントはこれに協力することに合意します。
9.5 クライアントは、個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)に定められる義務をクライアントが遵守しなかったことによりVeに生じた経費、請求、損害または費用につき、Veを免責し、補償し、また、補償し続けることに合意するものとします。ただし、第11.5条の責任の上限が適用されるものとします。

10. 秘密保持

10.1 各当事者は、本規約に基づき権利を行使し、あるいは、債務を履行するためにどうしても必要な場合を除き、秘密情報を本規約の目的のみに使用し、これを極秘に保持し、秘密情報のいかなる部分も公表または開示しないことを約束します。
10.2 本条に基づく守秘義務は、秘密情報またはその一部が以下に該当する場合はその限りにおいて適用されないものとします。
(a) 受領当事者の作為または不作為によらずに公知となっている情報または公知となった情報
(b) 開示前に相手方当事者が合法的に保有していた情報
(c) 第三者より、開示についての制限なく、受領当事者に合法的に開示された情報
(d) 受領当事者が書面により独自に開発したものであることを証明できる情報
(e) 法令、管轄裁判所、規制当局または行政当局により開示が義務付けられる情報
10.3 守秘義務は、秘密情報が受領当事者の責めによらず公知となるまで、契約期間以降も継続するものとします。

11. 責任の限度

11.1 本条は、クライアント及びVeが相手方当事者に負う以下の責任(当事者の従業員、代理人、コンサルタントおよび下請クライアントの作為、不作為に対する責任を含みます)について規定するものです。
(a) 本規約に基づき、または関連し生じる責任
(b) クライアントによる許諾資料または本サービス、またはその一部の使用に関連する責任
(c) 本規約に基づき、または関連し生じる表明、発言、不法な作為または不作為(過失を含みます。)に関する責任
11.2 本規約に明示で特に規定されている場合を除き、
(a) 許諾資料および本サービスの利用より得られる結果および当該利用より導かれた結果については、クライアントが単独で責任を負います。クライアントが本サービスに関連してVeに提供した情報、指示またはスクリプト中のエラーや脱落、または、クライアントの指示に基づくVeの行為に起因して生じた損害については、Veは一切責任を負いません。
(b) 法令において黙示的に示唆されるVeによる何らかの保証または表明については、法令上許され得る最大限度において排除します。
11.3 本規約のいずれの規定も、いずれかの当事者の過失により生じた人身傷害または死亡、または詐欺、詐欺的不実表示、または本料金の不払いに対する責任を免除するものではありません。
11.4 いずれの当事者も、契約、不法行為(過失、法定義務違反、不実表示、不当利得その他を含む)その他法的根拠にかかわらず、逸失利益、機会損失、営業権の縮小およびこれらに類する損失、またはデータもしくは情報の破損、あるいは、本契約に基づきまたは本契約に関連して発生する特別損害、間接損害、または結果的損害については、責任を負いません。
11.5 両当事者の、本規約の履行または本規約に意図される履行に関連して生じる契約法上または不法行為(過失、法定義務違反、不実表示、不当利得その他を含みます。)上の直接的な責任(第9条の損害賠償に基づく責任を含みますが、第8.4条の補償に基づく責任はここに明示で除外し、また、第11.6条の適用を条件とします。)の総額は、1億5千万円を上限とします。
11.6 前記にかかわらず、Veの第8.4条の損害賠償の総額は次のいずれか少ない額とします。(a) Veが自らまたは代理店を通じて当該損害賠償前の12ヶ月間にクライアントより実際に受領した本料金の100%、または、(b) 150万円。

12. 契約期間および解除

12.1 本規約は効力発生日に開始し、当初契約期間中有効に継続するものとします。その後は、更新契約期間を定めている場合には、いずれかの当事者が相手方当事者に30日前までに書面通知を行った上で終了しない限り、自動的に更新されるものとし、以後も同様とします。
12.2 契約期間内であっても、当事者は、相手方当事者に対して30日前までに通知を行うことにより、本規約を解約することができるものとします。
12.3 Veは、クライアントが、Veが本サービスを遂行できるようにするための協力または支援を重ねて行わなかった場合は、クライアントに書面通知を行うことにより本規約を直ちに解除することができるものとします。
12.4 当事者が有するその他の権利や救済に何ら影響を与えることなく、いずれの当事者も、以下の場合は、相手方当事者に対し何ら責任を負うことなく、直ちに本規約を解除することができるものとします。
(a) 相手方当事者が本規約のいずれかの規定の重大な違反を犯し、(当該違反が治癒可能な場合には)当該違反に関する書面による通知を受けてから7日以内にこれを治癒しなかった場合
(b) 支払不能事由のいずれかが発生した場合
12.5 当事者は、それぞれ、相手方が以下のいずれかに該当した場合には、第12.2条及び第12.3条にかかわらず、何ら通知催告なく本規約を解除することができるものとします。
(a) 役員等(自らが個人である場合にはその者を、自らが法人である場合には役員(取締役、執行役員、監査役、会計参与)またはその支店もしくは営業所等の代表者をいう。以下この項において同じとします。)が暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2 条第6 号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」といいます。)であると認められるとき
(b) 自己の主要な出資者、経営に実質的に関与する者が暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2 条第2 号に規定する暴力団をいいます。以下この項において同じとします。)、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等その他暴力、威力、詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団若しくは個人、またはこれらに準じる者以下、総称して「反社会的勢力」といいます。)であると認められるとき
(c) 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していると認められるとき
(d) 暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、取引に関して脅迫的な言動もしくは暴力を用いる行為、風説の流布もしくは偽計・威力を用いて相手方の信用毀損もしくは業務妨害をする行為、またはこれらに準ずる行為をしたとき
12.6 本規約が事由のいかんを問わず終了した場合、以下のとおりとします。
(a) 本規約に基づき付与されたライセンスはすべて直ちに終了します。
(b) 各当事者は、許諾資料、クライアント関連物、および相手方当事者の知的財産権のその後の使用を中止します。
(c) 各当事者は、すべての秘密情報および解除時点で保有または支配するそのコピーを返却または(要請があった場合は)処分し、処分するよう要請があった場合は、当該処分がなされたことを証明します。
(d) 解除時点ですでに発生している当事者の権利、または解除後も有効に存続することが明示で規定されている規定または存続することが想定されている規定の解除後の存続は、解除により何ら影響を受けず、阻害されません。

13. 通知

13.1 本規約に基づくVeからクライアントに対する通知は、Veのウェブサイト(http://www.veinteractive.com/jp/legal-policies/license)への掲載、電子メールの送信、その他Veの判断により適当とみなす方法により行います。当該通知が電子メールにより行われた場合は、当該電子メールがクライアントのメールボックスに記録された時点で到達したものとみなします。当該通知がウェブサイトへの掲載による場合、掲載された日から10日を経過した時点でクライアントに到達したものとみなします。クライアントは、定期的にVeのウェブサイトを確認するものとします。
13.2 クライアントは、利用申込書兼同意書に記載した住所、電話番号、ファックス番号、電子メールアドレス、担当者、その他の連絡先に変更が生じる場合には、事前に、Veに対して通知するものとします。Veが当該変更の通知を受領する前に従前のクライアントの連絡先に宛てて行った通知は、通常到達すべき時期に到達したものとみなし、Veは不到達に起因する一切の責任を負担しないものとします。
13.3 本規約に基づくクライアントからVeに対する通知は、原則として書面によるものとします。

14. 準拠法、裁判管轄

14.1 本規約は日本法に準拠し、日本法に基づき解釈されるものとします。また、本規約の存在、有効性または終了に関する問題も含め、本規約より生じる、または本規約に関連する紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

15. 雑則

15.1 本規約の翻訳が作成される場合、日本語版が優先するものとします。
15.2 いずれかの当事者が、ストライキその他の労働争議(Veの労働者または他の労働者にかかわるものであるか否かを問いません。)、公共サービス、輸送機関または通信ネットワークの不具合や停止、天災、戦争、暴動、内乱、悪意的損害、法令または政府命令、規則、規定、指示への遵守、事故等その合理的支配を超える行為、事由、不作為または事故(工場または機械の故障、火事、洪水、嵐、サプライヤーや下請クライアントの債務不履行を含みますが、これらに限られないものとします。)により本規約に基づく債務の履行を妨げられた場合、または遅延した場合、または、事業を行なうことを妨げられた場合、本規約に基づく責任を負うことはないものとします。ただし、当該当事者は、相手方当事者に当該事由およびその予想継続期間を通知しなければならず、当該事由の影響を軽減する合理的な努力をしなければなりません。
15.3 本規約のいずれかの規定(免責規定を含みます。)が強制執行不能であると判断された場合でも、本規約のその他の部分の強制執行可能性には影響を与えないものとします。
15.4 本規約はその目的物に関し当事者間の完全な合意を形成し、当該目的物に関する当事者間の書面または口頭での過去の合意、取決め、約束または申出、または、各当事者(その従業員または代理人を含みますがこれに限定されるものではありません。)、その他何らかの者によりなされた発言に優先するものとします。詐欺または詐欺的不実表示の場合を除き、当事者は当該表明が真実でないこと、または誤解を招く可能性があることにより責任を負わないものとします。各当事者は、本規約を締結するにあたり、本規約に明示で規定される場合を除き、本規約の目的物に関し、いかなる者(本規約の当事者であるか否かを問いません。)の約束、確約、言質、発言、表明、保証または理解(書面によるものであるか否かを問いません。)にも依存しないことを認め、これに合意するものとします。
15.5 Veは、いつでも本規約に変更を加え、または本規約の条項の追加もしくは削除を行う権利を留保するものとします。Veは当該変更、追加又は削除を行う場合には、15日の予告期間を設けて、第13.1条所定の方法でクライアントに通知するものとし、この場合、クライアントは、予告期間内に限り、Veに対する書面による通知をもって、本規約を解約することができるものとします。[但し、クライアントがVe Platform、アプリまたは本サービスを利用するための費用の増加を生じさせない場合その他クライアントに不利益を与えるものではない軽微な変更、追加または削除の場合には、当該変更は、Veからクライアントに対する通知が行われたと同時にその効力が生じ、当該変更を理由とする本規約の解約はできないものとします。
15.6 クライアントは、Veの事前の書面による同意なしに、本規約に基づく権利義務の全部または一部を、譲渡、移転、変更、下請に出すなど、いかなる形においても処理ないものとします。Veは、本規約に基づく権利、利益、義務を譲渡その他の形で移転することができるものとします。
15.7 クライアントによる本契約のいずれかの規定の違反または不履行に対して、Veが本契約に基づく権利の行使を放棄した場合でも、かかる放棄は、その後の将来の同種の違反または不履行に対する権利行使の放棄を構成するものではなく、また、本契約の他の規定の違反または不履行に対する権利行使の放棄を構成するものでもありません。本契約に規定する権利および救済は、独立、かつ他の権利及び救済に累積するものであり、Veのいかなる作為または不作為も、法律で許されるその他の権利を排除するものではありません。
15.8 いかなる第三者も本規約に基づき強制執行可能な権利を有するとはみなされないものとします。
15.9 本規約は、当事者間にパートナーシップ、代理関係、またはジョイントベンチャーを形成するものではありません。

定義

• 「本規約」 とは、本規約、その追加条項、本規約中言及する書類、ウェブサイト上の掲示、および適宜なされるそれらの修正、改訂、追加、変更を意味し、プライバシーポリシーを含みます。
• 「アプリ」 とは、Veおよび/またはそのライセンサーが設計し、所有し、運営する、消費者との再接触を目的とするアプリケーション・ソフトウェアで、時期を問わずVePlatform上に展示されたものを意味します。
• 「営業日」 とは、土曜日、日曜日、または日本の公休日でない日を意味します。
• 「秘密情報」 とは、次のいずれかに該当する情報を意味します。
(a) 情報、ノウハウ、および、ソフトウェア(そのソースコード、翻訳、編集物、部分的コピーや二次的著作物を含みますがこれに限られるものではありません。)を含む専有情報(開示当事者が所有するものであるか、開示当事者が守秘義務を負う第三者が所有するものであるかを問いません。)
(b) 開示当事者への開示時点で秘密である旨の記載がなされている情報、または口頭により開示されたものである場合は、口頭による開示時点で秘密である旨を表示し、開示30日以内に受領当事者に秘密である旨を明確に記載した通知等の書面その他の有形(電子的形態を含みます。)の物に還元された情報
(c) 開示の際の状況の性質に鑑み、専有および/または秘密のものとして誠意を持って取り扱われるべき情報
• 「効力発生日」 とは、クライアントが以下の条項を承認し同意する旨のVePlatform 利用申込書兼同意書を、Veに提出することにより本規約が両当事者により合意された日を意味します。
• 「本料金」 とは、VePlatform 利用申込書兼同意書に規定するレートに基づきクライアントがVe又は代理店に支払うべき料金を意味します。
• 「当初契約期間」 とは、効力発生日より開始するVePlatform 利用申込書兼同意書に記載する当初の契約期間を意味します。
• 「支払不能事由」 とは、以下の各事由を意味します。
(a) 相手方当事者が支払停止もしくは支払不能の状態に陥ったとき、又は金融機関から取引停止の処分を受けた場合
(b) 相手方当事者に対する破産法(平成16年法律第75号)に基づく破産手続開始の申立、民事再生法(平成11年法律第225号)に基づく民事再生手続開始の申立、会社更生法(平成14年法律第154号)に基づく会社更生手続開始の申立、会社法(平成17年法律第86号)に基づく特別清算手続開始の申立が、相手方当事者自らまたは他の者よりなされること
(c) 相手方当事者の解散が命じられること、または相手方の意思決定機関においてその決議が可決されること、あるいは、相手方当事者に関し管轄裁判所が解散命令を発することができるような状況が発生すること
(d) 相手方当事者の業務、事業、財産を管理するための管理人を選任するための命令が発せられること、または、相手方当事者の管理人を選任するため管轄裁判所に書類が提出されること、または、相手方当事者またはその取締役が管理人を選任する意思であることの通知が与えられること
(e) 相手方当事者が、差押え、仮差押えまたは競売の申立てがあった場合もしくは公租公課の滞納処分を受けた場合
• 「知的財産権」 とは、あらゆる特許、発明に対する権利、実用新案、著作権および類似の権利、商標、サービスマーク、商号、事業名およびドメインネーム、トレードドレスまたは出所表示に対する権利、営業権または詐称通用に対し訴えを提起する権利、不正競争権、意匠権、コンピューターソフトウェアに対する権利、データベースへの権利、地形図に対する権利、人格権、秘密情報に対する権利(ノウハウおよび企業秘密を含みます。)、その他の知的財産権を意味し、いずれについても、本規約に別段規定する場合を除き、それが登録されているか否かを問わず、当該権利の申請、更新、延長、および、世界のあらゆる地域における保護に関する類似または同等の権利または形式のものを含むものとします。
• 「許諾資料」 とは、VePlatform、アプリ、その他の本サービスを形成する書類または資料を意味し、これには、クライアントに時期を問わず支給されるアップデートおよび新バージョンが含まれますが、オープンソースソフトウェアは含まれません。
• 「クライアント」 とは、VePlatform 利用申込書兼同意書に記載する本規約の当事者を意味します。
• 「クライアント関連物」 とは、クライアントがVeに連絡した、クライアントがその事業に関連して使用する商標、ロゴ、およびブランドを識別する物、および、クライアントによるVePlatformへの参加またはVeによる本サービスの提供を可能とするために、クライアントにより、またはクライアントのためにVeに提供された書類、情報および資料を意味し、これには、クライアントウェブサイト上の商業目的物に関連する情報、小売価格、データ、画像、ロゴ、写真、映像、テキスト、デザイン、その他の物でVeが合理的に必要とするものが含まれますが、これらに限られません。
• 「クライアントウェブサイト」 とは、VePlatform 利用申込書兼同意書に記載するドメインにてクライアントが所有するまたは運用するウェブサイトを意味します。
• 「オープンソースソフトウェア」 とは、ライセンス付与されたソフトウェアで、その利用、変更または配布の条件として、当該ソフトウェアに組み込まれた、これより派生した、またはこれとともに配布された他のソフトウェアが、以下のいずれかに該当することが必要とされているものを意味します。
(a) ソースコードの形で開示または配布されること
(b) 派生物を作成することを許す条件でライセンスが付与されていること
(c) 後続のライセンシーに無料で配布できること
•「プライバシーポリシー」 とは、Veのホームページ(http://www.veinteractive.com/jp/legal-policies/privacy)より入手可能であるVeのプライバシーポリシーを意味します。プライバシーポリシーはVeの単独の裁量で適宜更新される可能性があります。
•「更新契約期間」 とは、VePlatform 利用申込書兼同意書に規定する自動更新契約期間(もしあれば)を意味し、当初契約期間の終了日の翌日より開始します。
• 「本サービス」 とは、後記<サービス内容>に規定するセットアップ、保守、レポートのサービスのうち、代理店からの発注に基づきVeがクライアントに提供するサービスを意味します。
• 「契約期間」 とは、当初契約期間および更新契約期間(もしあれば)を意味します。
• 「本区域」 日本国を意味します。
• 「第三者請求」 とは、第三者によってなされる、本区域内における許諾資料の使用が知的財産権を侵害すると申立てる請求または訴訟を意味します。
• 「Ve」 とは、Ve Japan株式会社を意味します。
• 「VeMerchant」 とは、クライアントが本サービスの利用の内容及び状況を確認し、審査し、クライアントの支払口座を管理することができるようにするアプリを意味します。
• 「VePlatform」 とは、Veが運営し、プログラムを作成したデジタルプラットフォームを意味し、これによりVeがアプリをホストし、クライアントがアプリをクライアントウェブサイトに展開することが可能になります。
• 「Veサービス」 とは、本サービスに含まれない、Veがクライアントのために行う、追加的または特注のサービスを意味します。
• 「代理店」 とは、Veの指定する本サービスの販売代理店を意味します。

license_image1_151029
license_image2_151029
VeAdsサービスに関する追加条項

本追加条項は、ソフトウェア利用規約の一部として、VeAdsのリターゲティングと行動ターゲティングの広告サービスについて規定します。クライアント(又はそのエージェント)が既存の本サービスの追加的サービスとして又は新規にVeAdsを利用するために広告掲載申込書(書面又はウェブサイト上の表示によるものとします。以下同じとします。)を提出することにより、クライアントは、クライアントとVeとの従前の書面若しくは口頭の合意、通知若しくは了解事項に本追加条項と異なる趣旨の内容が含まれているか否かにかかわらず、本追加条項の内容に全面的に同意したものとみなされ、これにより、本追加条項は、ソフトウェア利用規約と一体として、両当事者間の全面的かつ完全な契約を構成します。

1 用語の意味

本追加条項において、以下の用語は、それぞれ、以下の意味を有するものとします。

「本追加条項」とは、広告掲載申込書に明示されるVeAdsのリターゲティング及び/又は行動ターゲティングのサービスの利用にソフトウェア利用規約と一体として適用される、この追加条項を意味します。

「広告予算」とは、VeAds利用に関して、クライアントがVeに支払うことをVeAdsの広告掲載申込においてクライアントが表明した金額を意味します。

「クリック」とは、VeAdsのリターゲティング/行動ターゲティング・バナーをユーザーがクリックすることによってクライアントのウェブサイトへ導かれる行為を意味します。

「掲載先コンテンツ」とは、VeAdsのリターゲティング又は行動ターゲティングのバナーが配信されるネットワーク上の媒体を意味します。

「CPC」とは、広告がクリックされたときの1回あたりの単価
「CPM」とは、広告表示1000回あたりの料金
「CPL」とは、1リードあたりの獲得単価
「CPA」とは、顧客獲得1件あたりの単価
「インプレッション」とは、1ユーザーに対する1回のバナーの表示
を意味します。

「広告掲載申込」とは、クライアントからVeに対して書面又は電子的方法によりなされるVeAdsの注文を意味し、当該注文においては、(i) 合意されたパフォーマンスに関するCPC、CPM、CPA若しくはCPL、(ii)合意された期間における、対象ウェブサイトのリターゲティング又は行動ターゲティングのバナーの表示回数、並びに(iii) 本追加条項及び当該広告掲載申込の条件に従ってクライアントにより支払われるべき広告予算の請求金額が明記されるものとします。

「VeAdsプラットフォーム」とは、Veの裁量で用いられるVeAdsリターゲティング/行動ターゲティング広告を運用するアド・プラットフォームを意味します。

「VeAdsテクノロジー」とは、2つの補充的なダイナミック又はスタティックな広告ソリューション (すなわち、VeAdsリターゲティングとVeAds行動ターゲティング) を意味します。両システムとも、種々の行動的、文脈的若しくは統計データに基づき正確にターゲット設定された広告を見込み顧客に向けて提供するもので、VeAdsのリターゲティングソリューションは、サイトを離脱したユーザーに向けて発せられるものであり、VeAdsの行動ターゲティングソリューションは、新規のユーザーをターゲットとして発せられるものをいいます。

2. VeAdsリターゲティング/行動ターゲティング・バナーの提供と機能

2.1 クライアントは、VeAdsのリターゲティング/行動ターゲティング・バナーがVeAdsテクノロジーの設計に従って掲示されることを承認し同意するものとします。

2.2 Veは以下のいずれの事項をも保証するものではありません。
(i) VeAdsリターゲティング/行動ターゲティング・バナーの一切(又は特定のいずれか)がVeAdsプラットフォーム上に設定したネットワークの媒体に掲載されること
(ii) VeAdsリターゲティング/行動ターゲティング・バナーが、広告掲載申込書において指定されたスケジュールに従って正確に又は本追加条項の有効期間中継続的に掲示されること
(iii) インプレッションの数もしくはクリックの回数
(iv) 広告掲載申込書に指定された期間中に広告予算を充足する程度にVeAdsが提供されること

3. 本追加条項の有効期間

本追加条項は、広告掲載申込書において指定された開始日に効力を生じ、広告掲載申込書において指定された終了日、又は相互に合意された広告予算が充足された時のいずれか早い時点まで効力を有するものとします。疑義を避けるために明記すると、クライアントは、本追加条項の有効期間中、Veの指定したVeAdsのタグ又は関連のトラッキング・ピクセルを除去し若しくは変更してはならないものとします。

4. VeAdsの計測と実績報告書

クライアントは、Veによる計測(VeAdsリターゲティング/行動ターゲティング・バナーのVeAdsプラットフォームでの掲示に関するものを含みます。)が、クライアント又は第三者によって記録された他のいかなるデータよりも優先することを承認し同意するものとします。

5. クライアントの保証

5.1 クライアントは、VeAdsリターゲティング/行動ターゲティング・バナーに掲載するために掲載先コンテンツをVeに提供する権利を、自ら保有していることを、ここに表明し、保証するものとします。

5.2 クライアントは、第5.1項の違反、又は仮に真実であればクライアントによる本規約違反を構成するような、クライアントコンテンツが虚偽、詐欺的、猥褻、名誉毀損的、若しくは法令違反である旨の第三者からの主張の結果としてVeに提起され若しくはVeが被った一切の訴訟、主張、損害(直接的損害と間接的損害を含みます。)、責任及び費用(訴訟費用及び弁護士費用を含みます。)につき、Veを免責し、補償するものとします。

6. Veの補償と責任

クライアントは、Veが、カスタムバナーに起因する一切の損害(カスタムバナーの提供を行わなかったことにより生じた損害を含みます。)につき、契約責任、不法行為責任(過失責任を含みます。)その他法的根拠の如何を問わず、クライアント、クライアントのエージェント又はその他の第三者に対して責任を負わないことにつき、予め承認し同意するものとします。

2015年3月4日改定(変更箇所:アプリであるVeGenieをVeAdsに改名)

お問い合わせ

お客様サイトのパフォーマンスをさらに改善するVeのサービスについて、詳しく知りたい場合はこちらからお問い合わせください。

Not readable? Change text.

Start typing and press Enter to search